ヒーホーといいます。税理士講座や競馬など、その日あったことや思ったことを適当に書いています。


by jackfrost2006
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

税金は難しい…

今日は床屋に行ってきました。
そのあとは、一口馬主の賞金等に係る税金のことを調べていました。
「今さら」感はありますが、おいらはずっとほっぽっていたもので。

まず、自分が良く理解できないのは、
確定申告によって源泉税の還付を受けられるクラブと
受けられないクラブがある。

あと、賞金から消費税が控除されるクラブと
控除されないクラブがある。

ローレルクラブに電話して、聞いてみました。

まずは確定申告による源泉税の還付に関して。
希望すれば申告に必要な保険料や維持費、会費、減価償却費等の
必要経費の明細書をくれるそうです。
で、還付がある場合は「賞金に対する源泉税から還付される」
と言っていました。

商品ファンド法が適用されると匿名組合の利益の分配金に対して
20%の源泉がかかりますが、その場合の確定申告も保険料や維持費、
会費、減価償却費等の必要経費も認められるとのことです。

ただファンド法が適用されると「経費算入は認められず、
預託料はファンドに対する追加出資金とする」との見解もあるため
そうなると引退時まで経費算入できないとのもあります。
情報として、だいぶ古いものですが。

クラブの人は、
「精算時まで必要経費に算入できないということはないです。」
と言っていました。

ちなみに確定申告をすると、住民税が増えるケースがあります。
でも、所得税の源泉分が還付される可能性もあります。
ただし、一ヶ所から給与を受けている人で、雑所得が
年間20万円以下の人等 は確定申告をしなくてもいいようです。

次は消費税。
クラブによって賞金から消費税を控除されているところと
されていないところがあります。
そもそも、クラブが受け取るレースの賞金に消費税は課税されるの?
…悲しいことに、されます。

消費税の課税対象となるための4要件は、
①国内において行うものであること。
②事業者が事業として行うものであること。
③対価を得て行うものであること。
④資産の譲渡及び貸付け並びに役務の提供であること。
これを全て満たした場合、課税対象になります。

賞金に関しては「基本通達5-5-8」を読む限り、
馬がレースで走るのが「役務の提供」賞金が「資産の譲渡等の対価」
として、関連性のあるものと解釈しているようです。

この場合の「課税資産の譲渡等の対価の額」は、国税不服裁判所の事例
によると賞金全額が該当します。

ではこの場合、誰が消費税を払うのでしょうか?
「そもそも消費税は物を買った人が納めているんでしょ?」
そう思っている人は大きな間違いですので、注意してください。

消費税は間接税なので、事業者が「預かった消費税」から
仕入れや経費等で「支払った消費税」を差し引いて納付しているのです。

たとえば床屋で髪を切ってもらって、お金を払った場合。
消費税の納税義務者は、床屋です。

クラブが馬をレースに走らせて(床屋が髪を切って)…役務の提供
JRAから賞金をもらう(床屋代を受け取る)…代価を得る
ということになると考えられます。
う~む、分かりづらい例え。

つまり賞金は消費税込みの金額であり、
それを受け取った人は消費税の申告をしなくてはならないのです。

では、なぜ消費税を控除されていないクラブと
控除されていないクラブがあるの?

控除されていない社台等は、基本的に「パススルー方式」で
賞金等は出資者に帰属するものと考えているようです。
したがって、クラブでは消費税の申告で課税標準額の計算に
賞金を含めていないはずです。(直接聞いていないし、推測です)

一方ラフィアン等は賞金等はクラブが受け、それを出資者に
配当しているという考えなので、クラブでは消費税の申告で課税標準額の
計算に賞金を含めているはずです。(これまた推測)

このことも消費税を控除していないローレルクラブに聞いてみました。
「賞金は消費税の課税標準額に含めています。」ということです。

なのに、賞金からは控除されていない。企業努力?
ならば消費税の税率が上がったら、どうなるんだろう…
とおいらは心配してしまいます。

結論として、自分の考えでは、
源泉税が確定申告によって還付されるクラブと還付されないクラブ、
消費税が控除されるクラブと控除されないクラブがあるのは、
賞金等を「会員が受け取る」と考えるクラブと、
「クラブが受け取って、その収益を会員に分配する」
と考えるクラブがあるから違ってきているように思います。

とにかく一口馬主に商品ファンド法が適用されると、
会員に分配される分は匿名組合の利益の分配金であるため、
「パススルー方式」で解釈するのは不可能になります。
で、さらに分配金に20%の源泉がかかります。

これを避けるためにいろいろ調整が行われているようですが、
自分は詳しいことは分かりません。
「こうなるよ」ってクラブからお知らせが届くまでは
出資は控えたいと思います。

ちなみに、この内容は全て正しいものとは限りませんので
これを読んだ人は参考程度にして下さい。
正確なことは、税務署やクラブに直接聞くことです。
で、おいらに間違いを教えてください(笑)
[PR]
by jackfrost2006 | 2006-08-09 23:59 | ローレル日記